9月27日の「じぃ&ばぁのパソコン教室」はExcelで名簿を作るときに知っておきたいあれこれ。

9月27日の「じぃ&ばぁのパソコン教室」は前回学習したExcelで名簿を作るときに知っておきたいあれこれの続きです。

今回は、「IF」という関数についてご紹介しました。

この「IF」関数は、「もしも~だったら」という条件に合致した時、あるいは合致しない時の操作を指定する関数です。この条件を指定するときに使う以上、以下、未満、より大きいの違いについてお話をさせていただきました。

使い慣れない関数かもしれませんが、この関数を覚えておくとひとりひとりの情報を見て操作をしていかなくても、一括で操作が完了します。この「IF」関数には他の使い方もあるので、また時期を見て追々ご紹介していこうと思います。

投稿者プロフィール

管理人
管理人「つむぐ」代表
「つむぐ」の代表をやっております。
個人でホームページ制作をしながら、パソコン教室でインストラクターをしたりSNS活用などのセミナー講師をしています。

お問い合わせはこちら

つむぐに関するお問い合わせはメールフォームからお願いいたします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA